Mr Sakeコンテストは、伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信することを目的とした、日本酒を誰よりも愛する男子を選び抜く目的で開催

2020 Mr SAKE(ミスターサケ)

2020 Mr SAKE グランプリ

大谷 史也 / Fumiya Otani

生年月日:1997年10月30日
出身地:岩手県
職業:横浜国立大学教育人間学部4年

自己PR

私は生まれは岩手県、大学から上京しまして、現 在現役の大学生です。
そして、在学中に地元を盛り上げるために会社を設立し、今は二足わらじで日々奮闘 しています。

私が2020 Mr SAKEとして今後、どのように日本酒という文化を世界に発信していくか?

その答えは「テロワール」という言葉にあります。
元々はフランス語のこの言葉は、日本酒風に平たく申し 上げますと「その日本酒の特質は、その地域の風土と技術によって決まる」ということです。

日本酒の原材料、醸造プロセスを考えればわかりますが、日本酒ははっきり言ってしまえば、その地域の自然、文化、人が凝縮されてできています。

国内の日本酒を俯瞰すると、原材料に大差ないかもしれません。しかし、みなさんご存知の 通り、一つとして同じものは醸せないのです。

日本酒にとっては、地域の自然、文化、人が豊かでなければいけないのです。

だからこそ、「生産量・消費量をあげよう、認知を広めよう」という前に、いかに、地域を豊 かにしていくかということの方が大切だと考えています。

繰り返しになりますが、地域無くして、日本酒は存在し得ないのです。

そのために、私は「テロワール」という考え方を軸に、日本酒を通じて日本独自の文化を世界に紹介し、同時にいかに地域を発展させていくか、その実務にも積極的に取り組んで参ります。

2020 Mr SAKE 準グランプリ

中山 雄介 / Yusuke Nakayama

生年月日:1975年10月1日
出身地:福岡県
職業:越境EC事業社副社長

自己PR

新しいテクノロジー、AI技術を駆使して、国内のみならず、大きな潜在市場である世界に向けて、日本酒のブランディングと輸出拡大に邁進します。


Mr SAKE に応募した理由

日本酒のサラナルPR側面や、認知拡大加速のためにMr SAKEがふさわしいと感じ応募いたしました。

富沢 武士 / Takeshi Tomizawa

生年月日:1987年9月19日
出身地:福島県
職業:大阪歯科大学歯学部3年生

自己PR

私は社会人経験を経て、現在、歯科医師を目指し歯学部に在籍しております。

2020 Mr SAKE 準グランプリを受賞するにあたり、一つ言いたいことがあります。
それは、今の若い世代の「酒離れ」の傾向はもったいないことであると感じているということです。

ですが、それは同時に、日本酒含めお酒の魅力がまだ伝えきれていない、伸び代があるとも解釈できます。

日本酒また日本文化に尊敬と感謝をしつつ、日本文化を広める伝道師としての活動に、精力的に励んでまいります。

Copyright© Mr SAKE / ミスターサケ , 2020 All Rights Reserved.